【後悔しないために】親孝行のアイデアを100個まとめてみた

親子スタイル

親孝行について徹底的に調べたサイト『親子スタイル』です。当サイトで親孝行に関するアンケート調査を行ったところ、親孝行を充分にできていると答えた人の割合が約20%でした。

「親孝行が満足できていない人」が8割とたくさんいることがわかりました。巷には「親孝行できなかったこと」による後悔で溢れていますが、世の中には「親孝行の適切なやり方もわからない」日もいるのではないかと思い、親孝行のアイデアや、タイミング、何が最適化などといった、親孝行をしたい人が知りたいであろう情報をまとめてみました。

すぐに行動できる親孝行のアイデア

親孝行をすると決めたはいいもののなかなか行動に移せないというのはよくある悩みです。ここでは、すぐに行動に移せる親孝行のアイデアをまとめました。気に入った親孝行があればぜひ実践してみて下さい。それでは紹介していきます。

1.会いに行く(帰省する)

両親と一緒に住んでいない人は、忙しくなかなか会えてなかったりしますよね。いきなり実家に帰えって一緒に過ごすだけでも十分立派な親孝行です。たまには昔のように、父親とキャッチボールをしてみるのもいいかもしれません。

そして帰ったときには、家事を手伝ったり、ご飯を美味しそうに食べたり、肩をもんであげたりと、優しくしてあげてください。

2.遠くてなかなか会えない場合はTV電話する

例えば、海外にいたり、実家と住んでいるところの距離離れすぎていて、正月・GWしか帰れないという人は電話をかけましょう。

メールではなくて電話のほうが、声が聞けて感情が読みとれるのでおすすめです。両親の近状を聞いてあげてちゃんと、気にかけているんだよというところを見せてあげましょう。そして電話の中でもテレビ電話だと実際に会って話しているような感覚になるのでなお良いです。

3.たくさん会話をする

両親とたくさんコミュニケーションを取って居るでしょうか?帰ってスマホばっかりいじったり、テレビをずっと見てたりするのではなくたくさんを会話をしましょう。

たかが会話、されど会話です。たくさん話して楽しい時間を過ごすのも簡単にできる親孝行です。

4.ありがとうと感謝を伝える

家をでると親のありがたみを痛感します。何も言わずに洗濯・料理をしてくれる。結婚などしてからは両親の偉大さに気がつくことは多いはずです。

いま一緒に両親と住んでいる人はなかなかピンとコないかもしれませんが、なかなか日頃の感謝を伝えるのが疎かになりがちです。なので、ただ一言『ありがとう』と伝えて見ましょう。

5.親が嬉しいと思うことをする

両親によって嬉しいと思うことは違うと思います。例えば、お花が好きな母親にはお花を買ってきてあげる。お酒が好きなお父さんにはビールを継いであげる。

このように、両親のことを思いやって考える時間がそのもの親孝行です。きっと親御さんも喜んでくれます。

6.家事を手伝う

いつも家事をやっている方はわかると思いますが、家事はかなりの重労働です。年収換算すると1200万円とも言われています。

さらに家事にお休みも終わりません。生活していく上で必ず発生するものです。家事の大変さが想像できましたでしょうか?手伝うときは『いつもありがとう手伝うよ』というような言葉をかけてあげるのも忘れないようにしてください。

7.マッサージをしてあげる

この記事を読んでいる方が、若い方であればまだまだ肩こり・腰痛などとは無縁かもしれませんが、年を取るに連れて体が凝るようになります。

子供が両親にマッサージ券をあげるというのがよくありますよね。あれは気持ちが嬉しいですよね。でも大人になってマッサージ券をあげてもいいと思うんです。

子供のときにはなかった力もついて本格的なマッサージで親孝行しましょう。

8.成長を見せる

学生であれば部活の試合に呼ぶや、父親に腕相撲で勝つなど自分が一人前に成長したという姿を見せてあげましょう。子供の成長が嬉しくない親はいません。

人それぞれ、成長した姿の見せ方というのは方法があると思います、自分なりの伝えかたで成長を見せましょう。

9.親から離れて自立する

いい年なのに、まだ親を頼ってしまっているのであれば自立が必要です。親は子供がかわいいという思いで甘やかしてしまうことがあります。しかし自立してほしいとも思っているものです。もし親に依存した生活をしているのであれば、一人暮らしなどをして成長することも親孝行です。

両親が真に願っているのは、あなたの幸せです。いつまでも親のスネをかじっていてもいいことはありません。立派に成長した姿をみて安心させてあげましょう。

10.職業を絡めた親孝行をする

これに関しては、人によってできるできないがあるかと思います。想像しやすい例を上げます。例えば、美容師の方が、両親の髪を切ってあげる、シェフになった人は料理を作ってあげるなどです。目に見えて子供が成長して立派に働いていること想像できて親としては嬉しいと聞きます。

少し恥ずかしいと思いますが、みなさんも自分の職業を使った親孝行ができたらしてみましょう。

11.直筆で手紙を書いてみる

いきなり何の理由もなく直筆で手紙を書くのはとても恥ずかしいと言う人は、何かの節目のときに手紙を書いてみましょう。

成人式や高校・大学の卒業、家を出たり、結婚の前などがおすすめです。このときメールやラインではなく、気持ちが一番伝わる直筆の手紙がおすすめです。

12.何かしてほしいことがないか親に聞く

両親がしてほしいことがあればしてあげたいですよね。でも相手がしてほしいことって長年一緒に住んでいてもなかなか性格に汲み取るのが難しいです。

なかなか親孝行のアイデアもわかないし…という人は、思い切って『何をしてほしい?』と聞いてみましょう。

その姿を見せるだけで両親は安心します。直接何かをしなくても安心させてあげる事も親孝行です。

13.祖父母孝行をする

もしあなたの子供が自分の親を大切にしてくれたらとても嬉しいですよね。おじいちゃん・おばあちゃんにとっても孫は生きがいです。普段、親孝行は出来てるけど、祖父母孝行はあまり…というかたにおすすめです。

14.夫・妻の両親を大切にする

もしあなたが結婚して居るのであれば、パートナーの両親こそ大切にしましょう。パートナーに自分の両親を大切にしてほしいと思うのであれば、相手の両親を大切にしないといけません。片方の両親だけに親孝行するというのは難しいですよね。

結婚すると、自分の意見・意思だけで決断を下せないことも出てきます。そんなときに親孝行しやすい環境を作っておくことも大切です。

15.ローンを返してあげる

もしあなたに金銭的な余裕があるならローンを返してあげるのはどうでしょうか?毎月支払っているローンがなくなったり、少なくなれば、余裕が生まれて両親の生活が楽になり関節的に親孝行ができそうです。

16.手料理を作ってあげる

親からすると気持ちがこもった物・事が嬉しいです。手料理は気持ちを込めて作ったということを伝える手段の一つです。子供が一生懸命料理ですから、多少料理に自信がなくても、ご両親は『おいしい』と言ってたべてくれるでしょう。

17.掃除をしてあげる

普段目につくところの掃除は行き届いていることが多いですが、大掃除のときにしか掃除しないような場所ってありますよね。そのような行き届いてなかったりする場所の掃除をしてあげてはいかがでしょうか?

18.あなたがよく使うものを教えてあげる

あなたがよく使っていて、両親が知らないことがあれば、それを教えてあげましょう。年をとるにつれて若者が当たりまえに使っているものなどを知らなかったりします。

例えば、若者からするスマホの使い方を知っている人と知らない人ではコミュニケーションの方法が、かなり違いますよね。あなたが頻繁に使うものをりょうしんが知らないと会話の幅が狭くなるので教えあげましょう。

19.ふるさと納税を教えてあげる

ふるさと納税はお得です。しかしPCの使い方がわからなかったりするご両親も多いです。さらにふるさと納税は送り先を選べることも多くあります。その土地の名産で美味しいものも数多くあるので、両親に家に送ったり一緒に食べるのも親孝行になるのでおすすめです。

20.一緒に出かける

両親と出かけるのって年を重ねるごとに少なくなっていきますよね。たまには朝から日帰りで出かけるのはいかがですか?温泉旅行や一緒に買い物に行くなどがおすすめです。車で行く場合は運転してあげましょう。

21.チェキ一緒に写真を取る

スマホのカメラで写真を取ると、なかなか現像するのが面倒ですよね。そんなときはチェキで写真を取ってその場ですぐに思い出を残して上げるのも嬉しい親孝行です。チェキを使えばその場で現像ができます。さらに前もって色付きのペンを持っていれば装飾も完了します。

22.LINEなどのSNSのアイコンを変更する

LINEのアイコンなどが変われば、関節的にあなたの近況を知らせることも可能です。親はアイコンだったとしても、娘・息子の元気な姿がみれると嬉しいものです。

23.面白いTVやドラマを教えて上げる

定年して退職してからは、趣味などがありそれができる環境ならばいいですが、一気に暇になることも多いです。そんなときに気軽に楽しめるのが映画やドラマですよね。あなたがハマった作品などを教えてあげて親も面白いと思えば会話が弾むこと間違いなしです。

24.両親の悩みや愚痴を聞いてあげる

友達に話せないようなことでも、肉親だからこそ話せることってあります。それって子供から親に対してもそうですし、親から子供に対してもそうなんです。小さいときには悩みや、愚痴を聞いてもらっているはずなので今度は聞いてあげましょう。

25.両親を叱る

例えば、『肝臓が悪いのにお酒をやめない』もような悪い癖があれば、ちゃんと叱ってあげましょう。子供から叱られると、他の人が注意するより効果が高い場合があります。叱ったことによって両親の人生が豊かになれば親孝行ですね。

26.親の趣味を一緒にやってみる

親の趣味を一緒にやってみるのはどうでしょうか?趣味を共有することで会話が増え、親子の関係がさらに良好になりますね。また一緒に趣味をする時間を持つことで親孝行の機会が自然と増えるでしょう。

27.両親が体験したことが無いことをする

例えば、スカイダイビングってしたことある人はそんなにいませんよね。年を重ねるごとに未経験な事は減ってきます。しかし、すべてを体験してる人はいません。新しい経験はとても刺激的で気持ちを若返らせてくれます。

28.スマホの使い方を教えてあげる

詳しいご両親には教えることはできませんが、スマホで電話とLINEしかできないというご両親もいるはずです。そんな両親にはスマホの使い方を教えてあげましょう。

29.ムービーをDVDにして送る

実家に帰ると昔のビデオを見るという人は多いのではないでしょうか?以前は、動画を取るときにはビデオカメラが主流でした。今ではスマホで完結できるようになり手軽に動画を送ることができます。でもスマホを変えたりなくしたりすると一気になくなってしましますよね。

ビデオを再生する機器はなかなか無いでしょうから、動画をDVDにして渡してみてはいかがでしょうか?

30.あえて親に甘える・頼る

成長してなんでもできるようになってしまうと、自分の事は自分でやりますよね。あなたが親孝行をしたいと思うように、両親も子供へ愛情を注いでくれます。たまには『大丈夫』と言ってすべて自分でやるのではなく両親に甘えルノも親孝行かもしれません。

31.先祖供養をする

お墓が離れた場所にあると、先祖供養のお墓参りになかなか行くのを忘れがちです。親孝行に何をしようか迷ってる人は、ぜひ先祖供養にお墓参りに両親と一緒に行きましょう。

31.行事に参加してもらう

孫の入学式や卒業式、家族でのクリスマスパーティーなどの行事に参加してもらうのはどうでしょうか?きっと喜んで参加してくれます。

32.孫の名付け親になってもらう

孫の名付け親になってもらう。これはしたくない人はする必要はないと思いますが、一つの親孝行だと思います。自分で名前をつけた孫はかわいさ100倍です。

33.写真やビデオをデジタル化する

写真やビデオをでじたるかすることができます。写真は経年劣化で色あせてしまったりう、ビデオは見れなくなってしまったりしますよね。写真の場合は色あせの補正してフォトブックに、ビデオはDVD化してくれます。

34.親を悲しませない

親を悲しませるようなことをしない、これも当たり前のようなことですが親孝行なのです。自暴自棄になったりしたときは両親の顔を思い浮かべましょう。

35.変わらず元気でいる

元気で居ることも立派な親孝行です。親というものは、『なにもしてくれなくてもいいからただただ元気でいてほしい』と思っているものです。

プレゼントで親孝行 親が喜ぶプレゼントのアイデア

相手に気持ちを伝える定番といえばプレゼントですよね。親孝行においてもプレゼントする人は多くいます。でも何が良いかとても迷ってしまいますよね。更にいつ上げればいいかも悩むポイントです。下記にプレゼントに最適なタイミングをまとめてみたので参考にしてください。

関連記事:【親孝行に最適なタイミングはいつ?】64個の候補日をまとめてみた

それでは気持ちが伝わるおすすめ親孝行にプレゼントを紹介していきます。

36.時短家電をプレゼントする

心理学者のアレン・カナーさんの研究によると、家事に含まれる厄介事が幸福度にネガティブな影響を与えるという研究結果が出ました。ということは日常の家事を減らすことで、幸せになれるということです。

ルンバや、食洗器などの時短家電をプレゼントして親孝行してみてましょう。

37.健康グッズをプレゼントする

健康で長生きして欲しいという思いが伝わる、健康グッズをご両親にプレゼントするのもおすすめです。枕や姿勢強制グッズ、青汁から、ランニングシューズまでたくさんの選択肢があります。渡すときの『長生きしてね』みたいな言葉を一緒にかけてあげるとさらに感謝の気持ちが伝わるはずです。

38.人間ドックに連れていきましょう

人間ドックに連れて行ってあげるのも、気持ちが伝わる嬉しいプレゼントです。特に、仕事を退職しているような両親には、会社に勤めている時に受けていた、法定健診を最後に受けたのが数年前ということも少なくありません。

なかなか自分で行くのは、面倒で避けがちな病院ですが、子供からプレゼントされたらいかないわけにはいかないですよね。両親が健康診断を受けていなければぜひ親孝行にプレゼントしてみましょう。

39.両親を食事に連れていく

おいしいごはんが嫌いな人はいませんよね。定番の焼き肉やお寿司、いつも家で食べないような、フランス料理や懐石料理がおすすめです。いつもより少し背伸びをしたお店に連れて行ってあげるのもいいかもしれませんね。

40.デジタルフォトフレームをプレゼントする

実家に帰省したときに、昔の写真を見ながら思い出にひたり、昔話に花が咲くなんてことはよくありますよね。しかし、技術が進歩して、スマホのデータの中に写真があるので、写真を現像することは少なくなりました。

スマホの扱いが上手い両親なら、簡単に写真を送ることができますが、機械が苦手だと写真を送るのも一苦労ですよね。

そこで活躍するのがデジタルフォトフレームです。最近のデジタルフォトフレームはネットワーク対応がなされており、スマホから簡単に写真をアップロードできるので、両親が住んでる家に設置して定期的に写真を変えて上げればそれだけで親孝行になります。

41.家を買ってあげる

家を買ってあげると言っても、なかなか芸能人がするみたいに一軒を買ってあげることはなかなか難しいですよね。そんなときは、奥さん・旦那さんが理解してくれるのであれば、2世帯住宅を検討してみるのはいかがでしょうか?

近くでご両親を見守るというのは、最高の親孝行ではないでしょうか?

42.現金を渡す

これはただなんの理由もなく現金を渡せばいいということではありません。なんの理由もなしにいきなり現金を渡しもなかなか両親は受け取ってくれなそうですよね。

でもこのようなシチュエーションではどうでしょうか?

例えば、両親が旅行に行くとします。そのときに『これ(現金)で美味しいものでも食べて』と言って渡すのはどうでしょうか?これだとちゃんと理由も合って受け取って貰えそうです。このように現金をあげることも立派な親孝行です。

43.好きな車を買ってあげる

金銭的に余裕がある人は車を買ってあげてはいかがでしょうか?好みの車がとくにない両親であれば、レクサスがおすすめです。

レクサスの車は「神は細部に宿る」といった言葉体現しているような車です。駐車時にミラーが下がったりとかゆいところに手が届く機能で、きっとご両親も満足してくれるでしょう。

44.お酒をプレゼントして一緒に飲む

子供と一緒に飲むお酒ほど美味しいお酒はありません。お酒が好きなご両親であれば、少し奮発して高いお酒を買って、昔話をお酒の肴に一緒に飲んでみてはいかがですが?ただお酒を飲んで話すだけでも最高の親孝行です。

45.古くなった家電を新調してあげる

日本製の製品は質がよく、長く活躍してくれるので、生活家電は結婚時に買って何十年使っている。というようなことがよくあります。冷蔵庫や冷暖房、洗濯機などは高い買い物なので特にその傾向がつよいです。昔の家電と今の家電では消費電力に大きな差があるため電気代などにもかなり貢献してくれて地球の環境にも優しいです。

このような理由から親孝行で古くなった家電を買い替えてあげることは、とてもおすすめです。

46.名入れギフトをプレゼントする

両親に手紙や言葉で感謝を伝えるのが苦手という人には名入ギフトがおすすめです。いまはお酒からライター、コップまで様々な名入れギフトがあります。品揃えは充実しているので、両親の好みに合わせてプレゼントしてみましょう。

47.お花をプレゼントする

プレゼントの定番ですが、「感謝」の花言葉を持つ『ピンクのガーベラ、ピンクのバラ、カンパニュラ、白いダリア、かすみ草』などの、お花をプレゼントするのはどうでしょうか?他にも、5年から10年もつプリザーブドフラワーもいいですね。

48.おいしい果物をプレゼントする

実はこの『おいしい果物をプレゼントする』という親孝行はお釈迦様(ブッダ)がおすすめする親孝行です。新鮮な果物は健康にもよく美味しいですし、豆知識を話ながら渡すのもいいかもしれませんね。

49.ランニンググッズをプレゼントする

親にはいつまでも長生きしてほしい、さらにただ生きてるだけでなく、健康寿命を伸ばしてほしいですよね。

筋肉の衰えは、健康寿命を縮めてしまいますから、運動する習慣のない両親ならランニンググッズをプレゼントしてまずはジョギングからすることを勧めてみましょう。

50.ネット通販を教えて何か買ってあげる

ネット通販って便利ですよね。若い人は、Amazonや楽天が無い生活なんて考えられないって人多いです。

年を取るごとに重たいものを持つのって大変になってきますよね。都会なら徒歩圏内にコンビニやスーパーがあるので便利ですが、田舎だと車で行かなければなりません。このように田舎に住んでいる両親にこそオススメの親孝行なので、ネット通販の使い方を教えて何か買って上げましょう。

51.サプリを買ってあげる

ざんねんですが、年をとると少しずつ体に異常が出てきてしまいます。そこでその異常を改善できるサプリを買ってみてはいかがでしょうか?

両親はその気遣いの心をとても喜んでくれます。

52.化粧品をプレゼントする

お母さんにはいつまでもキレイでいてもらいたいですよね。高級パックや、SK-IIのような高級化粧品をプレゼントする人が多いです。

53.お酒をプレゼントする

子供と飲むお酒が一番うまいといいます。当サイトが取った『親孝行に関するアンケート』でも、息子・娘と一緒にお酒が飲みたいというご両親が多かったです。

いつもより少し高めのいいお酒を買って一緒に晩酌してみてはいかがでしょうか?

54.NetflixやHuluに入ってあげる

親世代はまだレンタルビデオが主流で、NetflixやHuluなどの見放題サービスを知らない人が多いので、そういった定額で見放題のサービスに加入してあげるのもおすすめです。お金も節約できて一石二鳥の親孝行です

一緒に過ごす時間がうれしい!お出かけする親孝行

当サイトで実施した200人の親孝行に関するアンケートから、多くの親が望む親孝行は『一緒に過ごす時間』で有ることがわかりました。なのでここからは、多くの時間を一緒に時間を過ごせる親孝行を紹介します。

60.両親を家に呼ぶ

もしあなたが両親と離れて暮らしているのであれば、両親を家に招待してみるのはどうでしょうか?親というのは常に子供が気になるものなので、招待するときは部屋をきれいにしたりして、問題なく生活している姿を見せてあげましょう。

61.一緒に買物に行く

何を買ったらいいかわからない人は、一緒に買物に行って見るのはどうでしょうか?

大きなショッピングモールなどに行き、両親が興味があるものをリサーチし、その場ではなくあとでこっそり買ってびっくりさせましょう!

62.長期休暇で帰省する

お盆 GW 年末年始 子供の夏休み、冬休み

63.両親が行ったことの無い県へ連れて行く

『死ぬまでに47都道府県の全てに行ってみたい』と誰もが一度は思ったことはあるのではないでしょうか?

出張が多い仕事などをしていない限り、行ったことのない県は意外とあるものです。行ったことがある県に行くより、行ったことの無い県のほうがワクワクしますよね。

親孝行旅行の行き先で迷っている人は、ぜひ行ったことがない県に行って見ましょう。

64.旅行に連れて行く

当サイトで行ったアンケート結果で一番多い、子供にしてほしい親孝行でした。

中でも温泉旅行に行きたいという回答が多かったので、近場の温泉地に行ってみてはいかがでしょうか?

65.海外旅行に連れて行く

若い世代では、孝行の修学旅行で海外に行くということもあり海外に行く機会は多いですが、ご両親世代では海外にいっったことがないという人も結構います。

はじめての長いフライトになるのであれば、ビジネスクラスでチケットを取って上げてもいいかもしれません。

66.両親を世界一周旅行に連れて行く

世界一周の相場は100万円程度です。時間とお金に余裕がある方にはおすすめです。かなりの長旅になるでしょうから、一生の思い出になることは間違いありません。

67.一緒にバスツアーへ行く

免許を持っていなかったり、お酒を一緒に飲みたい方は、バスツアーがおすすめです。道中は会話や景色に集中できるので、たくさんの思い出ができそうですね。

68.孫と一緒に旅行

両親に取って孫より可愛いものはありません。生きがいが孫というおじいちゃん・おばあちゃんも多いです。

もし遠くに住んでいて、孫と触れ合う時間が少ない両親だったら、長く一緒に過ごせるように旅行を計画してみるのもおすすめです。

69.孫を連れてテーマパークへ一緒に行く

子供が小さいときはよくテーマパークに行きますよね。USJやディズニーランド、ハウステンボスのようなテーマーパークへ一緒に行けたらいいですね。

両親もディズニーランドは行ったことが会ってもUSJなどは初めてという方は多いので、きっと孫だけではなく両親も楽しんでくれるはずです。

忙しい人向け!親孝行ができるサービスまとめ

親孝行はしたいけど、距離が離れていたり、仕事が忙しすぎる、海外に住んでいるなどが原因で親孝行がどうしてもできないという人向けに、親孝行を間接的にできるようなサービスをまとめてみました。

70.スマホで鳴らせる鳩時計をプレゼントする

親孝行をしたいしたいと思っていても、メールや電話ってついつい忘れてしまいますよね。そんなときは、『特にこれといった用事はないけど、相手のことを思っている気持ちを届けたい』といったコンセプトを元に作られた、スマホで鳴らせる鳩時計をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

wifi、3G通信でつながっているこの鳩時計は、専用のアプリで気にしていることをすぐに伝えることができます。

71.まごチャンネル

まごチャンネルは、クラウドファンディングで誕生した親孝行のサービスです。

専用のアプリ、両親の実家のテレビに孫専用のチャンネルが作れます。孫専用のチャンネルでは、専用のアプリから送信した画像や動画をテレビで鑑賞できます。

簡単な取付後はテレビのリモコンひとつで親孝行ができる素晴らしいサービスです。

72.自分史作成サービス『親の雑誌』

『親の雑誌』は自分の人生を雑誌にしてくれるサービスです。自分が生まれる前の親の人生って知らないことも多いですよね。インタビューを元にその人生を深掘りして雑誌にします。

『新たな親の一面』を知ることができるおもしろい親孝行サービスです。

73.親孝行お届け便

親孝行お届け便は、あなたのSNSを連携させることで、あなたの投稿を取得し両親に郵送するサービスです。『こんなことがあったんだ』ということを知らせることができるサービスです。500円/月から利用できて簡単にできる親孝行です。

74.『家族をつなぐ』パナソニックの親孝行サービス

パナソニックの『おうちクラウドディーガ』を使うことで、離れて暮している両親に写真・動画を簡単に共有することができます。まごチャンネルより、少し使うのが難しそうですがネットフリックスやhuluに対応していたりレコーダーとしても使えるので、孫の写真を見る以外にも使えるすぐれものです。

75.家事代行サービス

一番はあなたが家事を手伝ってあげることですが、どうしても時間や距離に問題がある場合『家事代行サービス』を使ってあげるのも親孝行の一つです。両親はその心遣いをきっと喜んでくれるはずです。

後悔しないため!これからの人生でしておきたい親孝行

あの時、親孝行をしておけばよかった!と後悔している人は大勢います。人生は一度きりです。ゆえにチャンスを逃すとできなくなる親孝行というものが存在します。親孝行のチャンスを逃してしまうのは仕方ないことですが、まだそのチャンスがある方は、ぜひその親孝行を検討してみてください。

関連記事:親孝行への後悔をまとめてみた

76.受験に受かる

勉強が全てではありませんが、学歴社会である日本では、受験に受かるに越したことはありません。いい大学に行けばいい会社に入れる確率が上がるので、両親も安心してくれます。

77.国立大学に行く

特に希望の大学などがない場合、学費が安い国立大学に行くのも親孝行になります。

78.特待生になる

特待生になって学費を少なくすることも立派な親孝行です。勉強したことは自身の糧になりますし、いいことづくしです。

79.成人式で感謝を伝える

成人式のときには、20年間育ててくれた感謝の気持ちを伝えましょう。LINEやメールではなく、直筆の手紙がおすすめです。

80.ちゃんと就職する

定職につき経済的に自立することで親を安心させてあげましょう。働くのが嫌だといった理由だけで、定職についていないのだとしたら自身の将来のことも考えて就職しましょう。

81.その職業で出世する

子が経済的に安定することで親は安心してくれます。さらに金銭的な面で親に恩返しをすることもできます。

82.転職する

もしあなたがブラック企業で働いていたら親が心配しているはずです。もしあなたも不満があって、特にやり替えのない仕事だったら体を壊す前に転職して、安心させてあげることも親孝行です。

83.夫婦仲良く

もしあなたが結婚したら夫婦仲良くできるように努めましょう。帰省や電話のたびにパートナーの愚痴を行っていてはりょうしんが安心することができません。

84.ギャンブルをやめる

もしあなたがギャンブルを嗜む程度ではなく、ギャンブル依存症のようになっていたら今すぐやめてあげるのが親孝行になります。簡単にやめられるものではないかもしれませんが、やめたら親は確実に安心するでしょう。

85.一緒に住む

パートナーの理解が得られたり、独身な方は一緒に住むというのも親孝行の一つの形です。近くにいることで親孝行がしやすくなります。

86.初任給で親孝行をする

初任給というのは1度しかありません。社会人になって初めてもらうお給料で、自分が買いたい物、したいことはたくさんあるでしょう。

しかし、それは2回目の給料以降で叶えましょう。初任給で買って上げたものが思い出の品という親も数多くいます。

金額は関係ありません、今まで両親が育ててくれたからあなたは立派に働くことができているのです。その感謝の気持ちを伝えつつ両親が喜ぶものや、美味しいごはんに連れて行ってあげることができたら素敵ですね。

87.最初のボーナスで親孝行をする

初任給と同じで初ボーナスも1度しかありません。社会人になってから初めて大きなまとまったお金が入るのが、初ボーナスです。

少し奮発して、両親を旅行に連れて行ってあげる、少し背伸びして高級店に連れて行って上げたりする孝行娘・孝行息子も多いです。

88.親の退職祝いをしてあげる

家族を養うために働いてきた両親が退職したら、お疲れ様の意味を込め退職祝いをしてあげましょう。その際には必ず感謝も伝えましょうね。

89.長寿のお祝いをする

両親の人生の節目をお祝いしてあげましょう。

90.初任給で親孝行をする

初任給は一回しかありません。ぜひ両親に初任給で親孝行してあげてください。親としては、子育てが一段落するわけですから感慨深いものとなるはずです。

91.遺産相続でもめない

兄弟がいる場合は相続でもめないようにすることも親孝行です。兄弟・姉妹が争うことを両親は望んでいません。親族で争わないためにも、しっかりと話し合いをしておきましょう。

92.親の最後を看取る

親孝行の後悔の中でも、『最後を看取れなかった』というものが多くあります。こればっかりは、いつその時が訪れるかもわかりません。ただ親の最後を看取れる状況であれば必ず行くようにしてください。

93.看病をする

離れた場所に住んでいたりすると『親の最後を看取れなかった』なんてことが起こり得るかもしれません。できる限り後悔を減らすために、親が病気になったり、体調を崩したときには看病をしてあげましょう。

94.お葬式をする

お葬式は最後の親孝行です。もし両親に強い希望などがあれば生前に聞いてくのがいいかもしれません。

95.結婚する

こればかりはご縁なので、自分がしたくても相手がいないとできませんが『結婚する』ことも親を安心させるとても大事な親孝行です。

96.孫を見せる

結婚と同じでご縁次第ですが、孫は目の中に入れても痛くないくらいかわいい存在です。赤ちゃんができたら、両親にたくさん合わせてあげましょう。孫が生きがいで、最高の親孝行という人もかなりいます。

97.親不孝なことをしない

当サイトが実施したアンケートでは、親が悲しむようなことをしない。人様に迷惑を帰るようなことをしない。というだけで充分という回答をしている人がたくさんいました。

98.親より先に死ないように健康でいる

これは一番の親不孝ではないでしょうか。自分の寿命を自分でコントロールできないので、病気などになってしまうことはあるかと思います。しかし、自分の不注意で起こる交通事故や、不摂生な生活からくる生活習慣病などは気をつけて予防しましょう。

また当サイトが実施したアンケートでも『元気でいてくれればそれ以上望むことはない』という回答がたくさんありました。

99.幸せになる

子供の幸せを願わない両親はいません。子供が幸せならそれでいいという両親もアンケートで多かったです。必ず幸せになって親孝行をしてください。

親孝行したくない?

親孝行したくないのってなんで
100個目の親孝行を紹介する前に、この記事を読んでくれている人の多くは、親孝行をしたい人だと思いますが中には親孝行をしたくないという人もいます。

親孝行をしたくない人にとって、親孝行とは『無駄・嫌い・意味がない・したくない・する必要がない・めんどくさい・強制されてる・義務なの?・自己満足』といった感情があります。

確かに義務でもないし、自己満足という側面もあるかもしれません。それではなぜ親孝行をしたほうがいいのでしょうか?例えば、仏教では両親には10個の恩があると言われるように、親には数え切れないほどの音があります。さらに「親捨てた報いで子にも捨てられる」ということわざもあります。自らがが親の世話をしていないのに、自分の子供には、自分の世話をしてもらおうと思うのは、都合がいいという意味です。

どうしても親孝行について納得できない人は、子は親の背中を見て育つので、自分のためと考えるのもいいかもしれません。

まとめ│たくさんの親孝行があったけど何が一番いいの?

最後に100個目の親孝行案です。

それは、『100.自分で考えた親孝行を今すぐする』この記事で見るどんなことより、あなた自身が一生懸命考えて両親のためにしてあげることであれば、それが『一番の親孝行』です。

残念なことに、多くの場合は両親のほうが先に亡くなってしまいます。明日野郎はバカ野郎です。『親孝行したいときには親はなし』ということわざがあるように、親孝行をしたいと思ったときにすでに両親がいないなんていう嘆きをたくさん耳にします。

大事なのは時間の長さ、かけたお金、ではありません。ただ、あなたなりの親孝行をしてあげるだけで十分なのです。この長い文章を最後まで読んでくれたあなたは明日からではなく、今日できる親孝行から始めてみましょう。

更新日:

Copyright© 親子スタイル , 2019 All Rights Reserved.